狭小住宅の間取りプランをご提案:東京都中央区の則武工務店

中央区の狭小住宅なら則武工務店:東京都 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 港区、 千代田区、 品川区、
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市

当社の最近の施工をご覧ください
■ 施工事例 ■ 東京都 江戸川区 O様邸

東京都江戸川区 O様邸:外観東京都江戸川区 O様邸:玄関東京都江戸川区 O様邸:外観東京都江戸川区 O様邸:玄関東京都江戸川区 O様邸:外観

この素晴らしいO様邸が出来上がるまでには、様々な工程と時間が必要です。


地鎮祭
地鎮祭

■工事は先ず地鎮祭から始まります。
「地鎮祭」とは、字の通り土地を鎮める祭りのこと。
工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と、建築物が何事もなく、永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。
一般には神式で神主さんが行いますが、仏式・キリスト教式で行っても構いません。
この現場は仏式です。


施工の流れ:地鎮祭〜遣り方

遣り方
遣り方

■建築の最初の工事です。
基礎工事前に建物の柱心・壁心・水平位置を決める工事です。
通常は施工管理者、鳶(とび)の二人で行いますが、
今回は設計士も立合いました。
『建物の基礎』が決まるとても重要な工事になります。


施工の流れ:遣り方〜根切り

根切り
根切り

■基礎を造るために、地盤面下の土を掘る掘削工事です。


施工の流れ:根切り〜基礎配筋

基礎配筋
基礎配筋

■基礎配筋です。
設計図に従って、コンクリートの中の鉄筋を配置します。
タテヨコ200mmピッチ、耐圧盤になる部分は13mmの異形鉄筋を使用しています。
スペーサーもコンクリート製のサイコロのような正規品を使用しています。


施工の流れ:基礎配筋〜基礎

基礎
基礎

■基礎はベタ基礎です。
建物の荷重を基礎梁と耐圧盤の底面全体で地盤で伝える工法です。
建物の重さを面全体で受ける構造となり、荷重を分散させる効果があります。
全体を一枚の板で支える構造のため、コンクリートの板そのものが折れてしまったりすることのないように、かぶり厚さも十分に考慮しなければなりません。
建物の基礎がしっかりしていれば、間仕切りの位置を変えたり内装に手を加えたりすることによって、60年、70年・・・・・とより長くその家に住み続けることができます。


施工の流れ:基礎〜土台

土台
土台

■土台は軸組最下部の水平材で、基礎の上に取り付けます。
柱の下端を連結し、柱の不同沈下を防ぎ、上部からの荷重を基礎に伝えます。
柱の取り付け位置や、土台の継手から15cmぐらい離れた所と、途中4m間隔以内の所を、アンカーボルトで緊結します。
これは、風圧力や地震力等の水平荷重による、浮き上がりや移動を防ぐためです。


施工の流れ:土台〜土台パッキン

土台パッキン
土台パッキン

■写真のように、基礎と土台の間に、黒いゴム製のパッキンを挟み込みました。
この「土台パッキン工法」は床下と土台の防湿に効果を発揮し、更に全周換気で効率がアップします。
換気性能約1.4倍となり、土台の腐朽を防ぎ、基礎の切欠きが不要になります。
基礎と土台の「クサレ縁」を断ち、さらに全周換気で湿気の「コモリ」を無くし、 基礎の切欠き加工も省略でき、均質な強度のスッキリとした基礎まわりに仕上がります。


施工の流れ:土台パッキン〜建方 その1

建方 その1
建方 その1

■100坪の大きな現場でしたので、鳶(とび)が10人、大工が4人、その他4人の計18人で行いました。


施工の流れ:建方 その1〜建方 その2

建方 その2
建方 その2

■建方とは柱、梁、母屋などの構造材を組立てていくこと。
最後に屋根の頂上に棟木を上げてお祝いすることを建前(たてまえ)、棟上(むねあげ)、あるいは上棟式と言います。
建前までは「鳶(とび)」の仕事。建前からは「大工」の仕事になります。
15時前に1階の柱と梁がほぼ入り、16時半前には2階の柱と梁が入り終わり、17時から上棟式を行いました。


施工の流れ:建方 その2〜屋根下地

屋根下地
屋根下地

■屋根が緑色なのは、「ルーフィング」という、屋根材を張る前の防水シートが貼られているからです。
ルーフィングは紙やフェルトにアスファルト(油です)を染み込ませたもので、それ自体に吸水性はほとんど有りません。
また湿気も通しません。
ルーフィングを敷く下地が濡れている場合は、十分に下地を乾燥させてから施工します。



東京都 江戸川区 O様邸の施工例は、
資料請求 お問い合わせ