狭小住宅の間取りプランをご提案:東京都中央区の則武工務店

中央区の狭小住宅なら則武工務店:東京都 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 港区、 千代田区、 品川区、
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市

自宅購入の際に利用する住宅ローン。借りる前はよく調べ検討する方が多いですが、
借りた後でも返済負担の軽減策として検討すべきことがあります。


別の住宅ローンへの乗り換え

借り換えと呼ばれるもので、金利水準が借りたときよりも低くなっていれば、
低金利のローンに乗り換えることで返済負担軽減となる可能性があります。
まずは、金利を比較してみましょう。


しかし、借り換えは原則として、現在ローンを組んでいる金融機関と同じところではできません。
また、申し込みや審査などの手間に加え、ローンの保証料、抵当権設定費用印紙税などと
いった諸費用がかかるので注意して下さい。


その上で、私はどうなのか?と考える際の基準として、下記3つの条件があります。
①残高1000万円超
②期間残り10年
③金利1%低下

また、各金融機関の店頭やホームページでは、借り換えの試算を行っているので
該当した方は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。


乗換えで将来の不安を解消

例えば、現在変動金利型の住宅ローンを組んでいる方は、
この先金利が上昇すれば返済金額が増え、逆に下がれば返済額が減ります。
とある方は金利が上昇するかもしれないという不安にさらされるのは嫌だと思い、固定金利へ乗り換えました。

結果的に、その時点で月々の返済額は約1万円増えてしまったそうですが、金利への不安は解消されました。
皆さんも幸せなお家づくりをするために、自分にあった住宅ローンを組むこと。
またその後も、今の自分にあっているかきちんと考えることを大切にしてください。


※参考文献:読売新聞

資料請求 お問い合わせ